【マイルCS】サトノアラジンは強いのか?弱いのか?

前記事ではフィエロが注目の重賞未勝利馬と紹介させていただいたが、ここにもフィエロと同じディープインパクト産駒で重賞未勝利の注目馬がいる。

サトノアラジン(牡4、池江泰寿厩舎)だ!

サトノアラジンもフィエロ同様に重賞未勝利。重賞戦の成績は【0-2-2-3】と安定して馬券には絡んでいるが勝ちきれないレースが続いている。2走前のエプソムC(GⅢ、東京)で2着、さらに前走の富士S(GⅢ、東京)でも2着と2レース連続で2着に入着している。エプソムCでは逃げるエイシンヒカリに最期まで追いつけず敗れ、富士Sではダノンプラチナとの叩き合いで負かされ首差で敗れた。どれも惜敗しているだけに今度こそはと雪辱を果たしたいところだろう。

1回叩いて臨む2戦目は状態面での期待はできそうだ。サトノアラジンは馬体が大きく、前走の馬体重が526kgと大型馬である。休み明けは重く動かないわりには前走富士Sで見せた脚はキレがあったし、2着には敗れたが本番へ向けた期待感は高まったレースであったと言えるだろう。東京ばかりを使っていて、京都を使うのは昨年の菊花賞以来というのが少々気になるところではあるが、軽い馬場は合いそうだし、持ち前の末脚も活かしやすい舞台だ。さらに鞍上は今年の春から乗っているC.ルメール騎手というのも心強い。マイルCSでは5度目のコンビとなるが、ルメールもそろそろこの馬で重賞を勝ちたいと思っているのではないだろうか。

強いのか?弱いのか?まだハッキリとしないこの馬の真の実力。今週末のマイル王者決定戦で白黒ハッキリとさせたいところだ!

☆3連単の買い目を毎週無料配信!
の1着~3着の予想はコチラ(無料)!!!