【マイルCS2015】騎手で買う場合誰がオススメ?

マイルCS,買える騎手

競馬の予想法は様々である。データ、指数、サインなど予想における様々な要素があるが、「騎手」は大きな要素のうちの一つである。騎手をもとに馬券を組む競馬ファンも多くいることだろう。さて、今回は今週開催されるマイルチャンピオンシップのことなどを織り交ぜながらオススメの「買える騎手」を何人か挙げていきたいと思う。

まずは去年のマイルチャンピオンシップをダノンシャークで勝利している岩田康誠騎手だ。何と言ってもビッグレースで冴えわたる腕は現役の騎手の中では外国人騎手に引けをとらない実力の持ち主である。レース中は良いポジションを積極的に取りに行き、直線に向いた時の豪快な追い方は見ているファンを魅了する。勝ちきれずとも馬券圏内に持ってくることが多いのが特徴である。

そして武豊騎手だ。多くを語る必要がないくらいの功績を残しているベテラン騎手である。多くの重賞を勝っている武豊騎手だが、実はマイルチャンピオンシップは2012年まで勝利がなかった。しかし’12年にサダムパテックに騎乗して勝利すると、翌年の’13年もトーセンラーで勝利を収めて2年連続優勝をあっさりと果たした。一度勝利するとコツを掴むのか、何度も同じレースを勝てるようになるのがこの騎手の特徴だ。京都競馬場は熟知しているだろうし、どんな馬に乗っても要注意である。

あとは、C.ルメール騎手M.デムーロ騎手といった外国人ジョッキーである。「外国人ジョッキーは人気の有無に関係なく馬券に入れておいた方が良い」と日本の競馬ファンに言わせるまでに強い存在である。馬を追うことに関しては日本人に比べて豪快であり、「勝つこと」に対する意思や姿勢が我々日本人とは違う。走らない馬でも走らせてしまう腕を持っており、馬券を買う側にとってはとても買いやすい。強い馬に乗ることも多く信頼度が高いのはもちろん、人気薄の馬でも上位に持ってくる力があるので注意しておくべき。

大レースに強いと言えば池添謙一騎手も注目したい。普段のレースの勝利数はあまり多くはないのだが、重賞競走やGⅠレースになると活躍をする騎手だ。2013年のオルフェーヴルの勝利は多くの競馬ファンを感動させた。今年2015年はGⅠレースの勝ち鞍は今のところ無いが、要注意の騎手である。

以上に挙げた騎手は、そしてその騎手が乗る馬はマイルチャンピオンシップを買う上で押さえておいた方が良いかもしれない。

☆3連単の買い目を毎週無料配信!
の1着~3着の予想はコチラ(無料)!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です