【マイルチャンピオンシップ予想2015】イスラボニータの3つの不安要素とは?

イスラボニータ

マイルチャンピオンシップに出走予定のイスラボニータ(牡4、栗田博憲厩舎)。馬名の意味はスペイン語で「美しい島」。昨年の皐月賞馬であり、秋の天皇賞でも3着に入ったように能力が高いことは間違いない。しかし、不安要素がないわけではない。以下にイスラボニータの不安要素を3つあげてみた。

1つめは、関西圏での出走経験がないこと。イスラボニータはデビュー以来、東京・中山・新潟の3つの競馬場でしか走ったことがない。となれば関西圏への輸送の影響が懸念される。もし輸送が苦手で馬体重を大きく減らすようだと、レースをする前から条件が悪い。

2つめは、マイル戦が久しぶりという点。デビュー戦と2戦目の新潟2歳Sでマイル戦を戦っているが、あくまで2歳時のことなので、マイルの距離で超一線級と戦うのは今回が初めてとなる。実力的には間違いなく通用する能力を持っているが、マイルのペースに対応できるかが不安である。

3つめは、右回りコースと重馬場適性ついての疑問だ。左回りの東京を主戦場としているが、右回りの中山で開催された皐月賞を勝っているので、おそらく苦手ということはないと思うが、左回りに比べると右回りの経験が浅いのが心配だ。今年は中山記念を走っているが、5着と敗れている。この時の相手がヌーヴォレコルト、ロゴタイプ、ステファノスといった強豪であった。能力的には勝っておきたかった一戦であった。さらに中山記念の時は雨が降っており、馬場状態は稍の発表であった。馬場が渋った場合は十分に能力を発揮できない可能性もある。

以上が3つの不安要素であるが、京都マイルの高速馬場にいきなりマイルのスペシャリストを相手にと全体的に見て厳しい条件が揃っている。鞍上は先週のエリザベス女王杯を優勝した蛯名正義騎手だ。勝てば2週連続GⅠ勝利となるが波に乗れるか?これら不安要素を能力でカバーできるほどの馬かどうか、全ては今週末分かる。

☆3連単の買い目を毎週無料配信!
の1着~3着の予想はコチラ(無料)!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です